メンタルヘルス対策・EAPのカウンセリングストリート

企業・組織とメンタルヘルスの両面に精通した視点でEAPコンサルティングを推進します
貴社の実情に即した、実践的で効果の上がるEAP・メンタルヘルス対策を実現します

プライバシーマーク
トップ > メンタルヘルス最新ニュース > 神経細胞のつながりは積極的に壊される
〜シナプスで放出されるBMP4の新しい役割を解明〜

メンタルヘルス最新ニュース


神経細胞のつながりは積極的に壊される
〜シナプスで放出されるBMP4の新しい役割を解明〜

2018年3月

東京大学医学系研究科の岡部教授らの研究グループは、
これまで注目されてこなかった、シナプスの破壊に直接的に関わる分子に着目し、
初期神経発生の過程で重要な役割を持つ分子であるBMP4(骨形成因子4)が
記憶や高次認知機能に重要な海馬や大脳皮質のシナプスを除去することを示しました。

BMP4は軸索末端に存在するシナプス前部から放出されますが、
その受け手は通常の神経伝達物質の場合の様に樹状突起ではなく、
同じ軸索末端側でした。

更に放出されたBMP4は細胞表面に留まってシナプスの近くに長く存在し、
局所的に働くことがわかりました。

このようなBMP4の性質は通常の神経伝達物質のふるまいとは大きく異なり、
新しい神経回路の制御機構であると考えられます。

今回新しく発見されたシナプスを積極的に壊すメカニズムは、
精神疾患・発達障害の患者に認められる脳神経回路の障害の理解、
さらにはこれら疾患の診断・治療にも結び付くことが期待されます。

本研究成果は「Cell Reports」に掲載されました。


参考文献:Synapse elimination triggered by BMP4 exocytosis and presynaptic BMP receptor activation

※ BMP4 (骨形成因子 4):
骨・軟骨の分化誘導因子として発見された分泌蛋白質群である骨形成因子の一種。 これまでの研究で BMP4 は発生初期に神経組織の分化に重要な役割を果たすことが知られていたが、発達過程の神経経路における役割はほとんど知られていなかった。
※ シナプス前部:
シナプスは二つの神経細胞の接着部位であり、軸索の末端と樹状突起が接着する。 軸索の端からは神経伝達物質が放出され、情報の送り手となるため、この構造をシナプス前部と呼ぶ。接着の相手側の樹状突起はシナプス後部と呼ばれる。

メンタルヘルス最新ニュース一覧



Warning: Unknown: open(/home/counsel/session//sess_f2beb9f63d2295b7bc9d7f38d0bfda0f, O_RDWR) failed: Disc quota exceeded (69) in Unknown on line 0

Warning: Unknown: Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct (/home/counsel/session/) in Unknown on line 0