メンタルヘルス対策・EAPのカウンセリングストリート

企業・組織とメンタルヘルスの両面に精通した視点でEAPコンサルティングを推進します
貴社の実情に即した、実践的で効果の上がるEAP・メンタルヘルス対策を実現します

プライバシーマーク
トップ > メンタルヘルス最新ニュース > うつ病に関与する複数の遺伝子と相互作用ネットワークを解明(官民共同研究チーム)

メンタルヘルス最新ニュース


うつ病に関与する複数の遺伝子と相互作用ネットワークを解明(官民共同研究チーム)

2016年1月

株式会社DNAチップ研究所と国立研究開発法人
国立精神・神経医療研究センターの共同研究チームは、1月6日、
うつ病に関与する複数の遺伝子と、それら遺伝子の相互作用ネットワークについて
明らかにしたとする研究発表を行った。

今回、共同研究チームはうつ病患者と健常者の遺伝子を、
マイクロアレイという機器を用いて網羅的に比較。
うつ病患者の場合のみ、細胞に変化をもたらす遺伝子を317個特定した。
また、これらの遺伝子は、シナプス伝達に関わるものが多いことも発見した。

さらに、従来の研究でうつ病に関連していると目されていた
169個の遺伝子を解析したところ、うつ病患者と健常者とでは、
細胞への変化の影響について明らかに差があるものが多く、
この遺伝子群を用いることで、うつ病患者と健常者を分類可能であることが明らかとなった。

今回の研究によって、遺伝子の作用をうつ病の診断に応用可能であることが証明され、
研究の進展により、うつ病治療に新たな道筋が開かれることが期待される。

報道発表(株式会社DNAチップ研究所)

 


メンタルヘルス最新ニュース一覧



Warning: Unknown: open(/home/counsel/session//sess_a8693cdcf945ec42dc65aeb93efacfd3, O_RDWR) failed: Disc quota exceeded (69) in Unknown on line 0

Warning: Unknown: Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct (/home/counsel/session/) in Unknown on line 0